don’t talk to strangers

いやはやつかれました。ようやくおおよそ元に戻りました。utf8 がこんなに難しいって知りませんでした。SQLのALTERで COLLATE 変えると簡単に変わると思ったんだけど、一度 LONGBLOB, NULL に変えて、LONGTEXT, UTF8_UNICODE_CI に戻さなきゃなんないなんて、気がつかないよ、、、

というわけで、まだ変なキャラクターが出てくるかもしれませんが、ご容赦を。

Pretty tired with Japanese character codes. I think this is our characteristic not to drastically unify existing rules, but try to compromise among them… I mean why we cannot throw away the ancient Kanji codes, such as ISO-2022-JP or EUC or whatsoever?

this is indeed another day for you and me in paradise

年末年始のお休みに意を決して(?)MPMS 帯磁率計用のサンプルローテーターを作りました。試料磁化の方向依存性が測定できなくて色々と研究が滞っていたためです。もちろん買えばいいのですがお金もないし、まぁ、冬休みの自由工作ということで作ってみました。

作っていて気がついたのですが、世の中で非磁性とされている材料の何と磁性なことか!というわけで、手元にあったいろいろな材料の磁化を片っ端から測りました。ちょっとしたレポートにしましたので、アップロードしておきます。あんまり信用しないでね。嘘はついていませんが、たまたま私の実験室に落っこちていた材料なので、皆様のお手元のものとは異なるかも。くわばわクワバラ。

In the winter vacation, I have made an sample rotator for MPMS magnetometer.  I know it is on market, but our budget is limited, and it’s vacation!  Anyway, while working on this hobby activity, I found that there are quite a few materials which are indeed magnetic, although they are supposedly nonmagnetic…  Hence, I checked a number of materials found in our lab room, and make a short note on the results.  Please do not so much rely on the report, as your material’s magnetization may not be exactly the same as mine…

石ころになれたらいいな

物理学会が終わりました。みなさんがんばりました。発表リストです。それにしてもすごいホテルだった!!!

Physical Society Meeting has finished.  We presented 10 talks in total including one symposium talk!  Below is the list of the talks!

10pC117-1 2808
MnSiにおける電流中の磁気スキルミオン格子の塑性流動的な振る舞い
奥山大輔A, M BleuelB, Q YeB, P ButlerB, 永長直人C, D, 吉川明子C, 田口康二郎C, 十倉好紀C, D, J. D ReimA, 東大樹A, 南部雄亮E, 佐藤卓A
東北大多元研A, NISTB, 理研CEMSC, 東大物工D, 東北大金研E
領域3
10pC117-2 2841
MnSiにおける変動電流中の磁気スキルミオン格子のダイナミクス
奥山大輔A, M BleuelB, Q YeB, P ButlerB, 永長直人C, D, 吉川明子C, 田口康二郎C, 十倉好紀C, D, J. D ReimA, 東大樹A, 南部雄亮E, 佐藤卓A
東北大多元研A, NISTB, 理研CEMSC, 東大物工D, 東北大金研E
領域3
10pC117-10 6015
コバルト酸化物反強磁性体CaCoV2O7の磁気構造解析
村崎遼, 那波和宏, Maxim AvdeevA, 植田大地B, 吉田雅洋B, 吉沢英樹B, 佐藤卓
東北大多元研, ANSTOA, 東大物性研B
領域3
10pC210-4 1425
異方的三角格子反強磁性体Ca3ReO5Cl2の磁気励起
那波和宏, 平井大悟郎A, 古府麻衣子B, 中島健次B, 廣井善二A, 佐藤卓
東北大多元研, 東大物性研A, J-PARCセB
領域3
10pC210-5 6014
S=1/2異方的三角格子反強磁性体Cs2CuCl4の非弾性中性子散乱による磁気励起測定
村崎遼, 那波和宏, 中島健次A, 河村聖子A, Tao HongB, 佐藤卓
東北大多元研, J-PARCセA, ORNLB
領域3
11pC210-11 2024
歪んだカゴメ格子反強磁性体Yb3Ni11Ge4の磁気散漫散乱
高橋満, 那波和宏, Matthias FrontzekA, 奥山大輔, 吉田雅洋B, 植田大地B, 吉沢英樹B, 野尻浩之C, 佐藤卓, Maxim AvdeevD
東北大多元研, オークリッジ国立研究所A, 東大物性研B, 東北大金研C, 豪州原子力科学技術機構D
領域3
10pA220-7 2556
Au-Al-Tb 近似結晶の磁気構造
佐藤卓, 石川明日香A, 櫻井晶A, Maxim AvdeevB, 田村隆治A
東北大多元研, 東理大基礎工A, ANSTOB
領域6
9aB202-3 2496
中性子散乱による Al-Al-Yb の量子臨界磁気揺動観測
佐藤卓, 米山祐樹A, 廣川慎之介A, 出口和彦A, 佐藤憲昭A, 益田隆嗣B, 松浦直人C, 柴田薫D
東北大多元研, 名大院理A, 東大物性研B, CROSSC, 原子力機構J-PARCセD
領域8
9pC116-8 60023-8
スピンダイマー系Ba2CuSi2O6Cl2におけるトリプロンバンド分裂とトポロジー Triplon band splitting and topological character of the spin dimer compound Ba2CuSi2O6Cl2
那波和宏 Kazuhiro Nawa
東北大多元研 Tohoku Univ.
領域3
10pC210-7 10058
Spin excitation in the S = 1/2 triangular lattice antiferromagnet LiZn2Mo3O8with improved stoichiometry
Kim SandvikA, Kazuhiro NawaA, Shinichi ItohB, Tetsuya YokooB, Hiraku SaitoB, Barry WinnC, Hiroyuki NojiriD, Masahiro YoshidaE, Daichi UetaE, Hideki YoshizawaE, Taku J. SatoA
IMRAM, Tohoku Univ.A, KEKB, ORNLC, IMR, Tohoku Univ.D, ISSP, The Univ. of TokyoE
領域3

in life I know there’s lots of grief…

多くの方々はなぜ佐藤の書く日本語にこんなに誤字脱字が多いのか気になっていたことと思います。もちろん、私の日本語能力の低さに最大の原因があるのですが、、、でも、言い訳もあって、なんと1年すこし前からマックの漢字変換の学習内容が再起動のたびに失われるという不可解な現象に苛まれていたのです!毎回マックを立ち上げ直すたびに中世史日男性産卵、、、しかし、ついに私は発見しました。System preference -> Keyboard -> Input Sources -> Japanese -> Predictive candidates を off にしたら、、、再起動しても忘れません。もう非弾性散乱はいつも非弾性散乱です。This is my relief!

これって、英語では書けないよなぁ、、、

情熱の彼方になにがある?

この夏は久しぶりに恩師K先生と一緒に古巣NISTに実験に行きました。実験自体はあまりうまくいかなかったんだけど、K先生、そしてNISTのJWL先生の純粋な情熱にあてられました。四半世紀前大学院に入った頃、そして、15年前NISTに武者修行に出た頃を思い出しました。物理学のその先になにがあるのか、気になるから見にいかないと。(とりあえずは、射線表現マスターだ!)

This summer, running backscattering at NIST with Profs. K and JWL.  Experiment itself does not go perfect, but the zest of them… recalling days when I went into grad school and/or when I adventured in US.  Remember, the thing we get to do is to understand the language of the nature, nothing else (talking to myself.)

 

 

can’t stop, nowhere to run, heading for a storm, no way left to return!

最近、全然書いていなかったですが、皆さんお元気ですか???

研究室には4月に奥山助教が理研からやって来ました。おなじく、4月には4年生の牧野くんが配属になりました。5月にはタイから Pariwat 君がやってきて、鉄系超伝導体のサンプルをどんどん作ってがんばりました。10月にはフィンランドからKim君がやってきて、いまフラストレート系の試料作りを始めるところです。というわけで、とっても賑やかになってきました。

実験は、南部さん、奥山さん、東君が NISTとANSTOで実験してきました。J-PARCもたくさん実験させていただいています。12月は私がORNLとANSTOに実験に行きます。羽合くん、春樹くん、高橋くんはHANAROのビームタイムまちです。いやはや、こんなにビーム使ったんだから、皆さん論文書きましょ!

ちなみに、物理学会では学生さんとしては、羽合くん、東君、高橋くんが発表しました。仙台に来て初の学生発表です。まぁ、みんな異様に緊張していたね。

そういえば、秋には研究室旅行にも行きました。なんとキャンプです。楽しかったね。

さて、もう今年も終わりが近いですが、もうひと頑張りです。

(今は4軸で実験中。4軸もとても調子よいです。)

 

How are you doing?  Long time no see!

We welcome new staff member, Dr. Daisuke Okuyama from RIKEN in April.  Also joined was an undergraduate strudent, Mr. Makino.  In March, a visiting student, Mr. Pariwat Ungsirikulchai, came from Thailand, working on the iron-superconductors. In October, Mr. Kim Sandvic came from Finland, and now about to start working on the frustrated magnetism.  Now, we are growing bigger!

There were many experiments in this year; Drs. Nambu and Okuyama, and Mr. Higashi went to ANSTO and NIST to do skyrmion experiments, and we also used J-PARC a lot this year.  I will be traveling to ORNL and ANSTO in December.  Other guys are waiting for the HANARO reactor to be up and running.

At the Japanese Physical Society meeting, three students gave presentations for the first time we start our group at Sendai.  It was a fun!

Fun! Oh I forgot to write about the camp in the mountain we went in fall.  It was a real fun.

And the year will be over soon, but we have many interesting researches to do; good, isn’t it?

芋煮会(Imoni party)

学会前、改修工事前、その他色々の締切、全てがいっぺんに降り掛かってきた今日この頃ですが、学生さん達の勢いで芋煮会しました。いやはや、芋煮ですから。。。決して他の仕事をさぼっている訳じゃ有りません。いや、平均的な日本の感覚だとサボっているのかもしれませんが、ここは仙台ですから芋煮の前に全てはひれ伏します、、、(嘘)明日から心を入れ替えます。

 

というわけで、今はちょっと酒が入った頭で xraypc の os を debian/sid(testing)に上げるべくつらつらと作業中。linux-gpib が動かないと温調が出来ないんだけど、動くかなぁ、、、心配。

 

JPS meeting, renovation, and other deadlines come to me at once, and I am completely exhausted.  Nevertheless, students say we get to do Imoni Party!  Yes, we did it.  It was fun as usual, but things get tougher from tomorrow.  Hoping to get sober soon, I am presently upgrading my xraypc operating system to debian/sid(testing), so that my camera software should work.  Let’s get something new with CCD!

ORNL again and again

長い間書いていませんでしたが、只今またもやORNLで実験中です。JRR-3 停止に加えて J-PARC も止まってしまったので、もう日本じゃ研究できないしね。という訳で、6月、7月と続けて ORNL に来ています。今回は1.5週間に3つ実験を詰め込んでしまったのでちょっと泣きそうですが、色々と新しい事が分かって楽しいです。今回は D2 の三田君と一緒です。やっぱり、中性子屋は中性子が無いと廃人ですね。

ちなみに、今年は久しぶりに Los Alamos National Laboratory にも行く予定です。韓国の HANARO やインドネシアの BATAN にも。いやはや、中性子を求めて世界を彷徨っています。。。

 

Long time no see!  I am presently at ORNL, running three experiments in 1.5 weeks.  Pretty hard and tough, but exciting data are being taken, i.e., a lot of funs now!  Without neutrons, I am just a dead man. I will fly back to US again later in this year, to LANL.  Also planned to visit HANARO and BATAN.  Wandering all around for neutrons…

ORNL experiment

只今米国ORNLのHFIR に来ています。物性研に残したM2学生の羽合君と成田で落ち合って、一緒にオークリッジまでやってきました。Fe系超伝導体関連物質をWAND 回折計で調べます。こちらにやって来てみたら回折計がトラブっていてなかなか実験が始まりませんが、その間にやり残していた CTAX のアナライザープロジェクトの打ち合わせなんかがどんどんすすんで行きます。やっぱり会って話をすると話が早いですね。羽合君は試料準備に邁進していて大変頼もしいです。

Travel, travel, travel

最近出張ばかりしています。まず9/18-21 で物理学会。色々と刺激を受けて帰ってきました。で、次は 9/25 に東京で会議、引き続き羽田からスエーデンへ。European Spallation Source (ESS) の Technical Advisory Panel。行ってみたら Panel Member は 3 人で、つまり責任は1/3。えっ、座っているだけじゃないの???さすが、日本の委員会とは違います。本気で働かされました。でも、とても勉強になりました。感謝。本日一日仙台にいて、明日からは日光で QENS/WINS 国際会議です。研究したい!というわけで、今日は、ホント久しぶりに石英管封入を2連発です。

 

Traveling around: 9/18-21 JPS meeting at Yokohama, 9/25 meeting at Tokyo, 9/25-30 ESS TAP meeting in Sweden, 10/2-4 Nikko International Workshops.  Too much travel, I need to do research!  Let me research!